フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

「僕のいた時間 」第1話あらすじ

「僕のいた時間」第1話あらすじ

澤田拓人(三浦春馬)は、就活中の大学3年生。親は山梨で開業医をしていて、医者になることを望まれていたが、医大へは行かず、一般の会社への就職を希望している。父親からは、名前の知らない会社に就職するよりは、父親の病院で事務職に就いた方が、まだ格好がつくと言い渡される。両親の期待は、弟の陸人(野村周平)に向いていて、陸人が医大の受験準備のために、拓人のマンションで同居することになる。

本郷恵(多部未華子)は、拓人と同じ大学の3年生。父親を早くに亡くしていて、学費の奨学金の返済を背負っているので、正社員での就職にこだわっているが、就職活動は連敗中。

そんな二人は、ある商社の集団面接で一緒になり、面接中に携帯電話を鳴らしてしまった恵を拓人が庇う。
4人とも就職が決まっていなかったが、学が最初に、内定が決まる。
陽菜は、就職をあきらめ、理想の王子様と結婚しようとする。

学校で、拓人と親友の水島学(風間俊介)と、恵と親友の村山陽菜(山本美月)が出くわし、同じ学校・学部であったことを知る。
二人とも商社の面接には落ちたことを知り、落ちた理由を聞きに行くが、ありきたりの説明で追い返される。
その帰り、二人で気晴らしに海に行き、お酒の瓶に、3年後の自分への手紙を書いて砂浜に埋め、電話番号を交換する

拓人は、マンションの隣の小学5年生すみれ(浜辺美波)の家庭教師をしていて、作文の相談をされる。
すみれは、小学生にして、学校ではキャラを作っていてそのキャラにあう「将来の夢」を考えてくれと言われる。

ある日、サークルでフットサルをしている最中に左足がつる。病気の最初の症状であった。
フットサル後、先輩の大学院2年生の向井繁之(斎藤工)と二人で恵のバイト先のファミレスに行く。
拓人がバイト終わりを待ち、二人で帰り公園で、子供の頃の夢の話をする。

次の日、学校へ行くと、同級生の坂下が自殺したことが発覚する。
拓人と同じ会社の面接を受けたことがあり、彼は100社面接を受けて全部断られた末の自殺であった。
坂下の葬式の帰り道で、拓人は、恵に「キスしていい?」と言い、軽い人間と思った恵は、拓人に「思っていた人と全然違う」と軽蔑の目を向ける。

別の日、宮前家具の集団面接で再び恵と拓人は一緒になる。
恵は、前の人と同じ答えになってしまい、しどろもどろになる。
拓人は、前もって用意していた答えを遮り、「僕が学校生活で学んだことはキャラクターを演じることです・・」と語り始める。 就職活動で、否定され続けると、何のために生きているのか分からなくなり、生きているのがばからしくなるんだろうなぁ・・・って

 結果、拓人は、面接に合格。
担当者に、どうして僕なんですか?と聞くと 「あなたは面接で、本当の自分を少し見せてくれました。一緒に働きたいと思いました」と言われる。
母親から、電話があり、弟の陸人が第一志望の医大に受かったと告げられる。拓人は、自分も受かったと言おうとするが、母親は、入学の準備もしたいから早めに上京すると言って電話を切ってしまう。

恵は、宮前家具の採用面接に通らず、ファミレスの店長に、卒業後もアルバイトを続けながら就活すると告げる。
その帰り、拓人と恵は、再び公園で話をする。
お通夜の時はゴメンね。っと拓人は謝り、自殺した坂下の話になる。
寒かったので、拓人は恵に、自分の持っているマフラーを巻いてあげる。
「こういうのって、彼女にしかしちゃいけないんだよ」
「何でかな、守りたくなる・・・・」
恵の自転車を引こうとして、左手に力が入らず、自転車を倒してしまう。 病気の2つめの兆候だった。

【僕のいた時間 ロケ地情報】

●拓斗と恵が通う大学
東洋英和女学院大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市緑区三保町32)

●二人で手紙を入れた瓶を埋めた海岸
森戸海水浴場(神奈川県三浦郡葉山町堀内)

 

三浦春馬主演ドラマ「僕のいた時間」は、フジテレビ、共同テレビの制作で2014年1月から3月、毎週水曜日22:00台に放送されました。
社会人として歩き始めたばかりの主人公が、ALSという病気にかかり、病気と共に生きる方法を模索していく話です。

僕のいた時間 キャスト
澤田拓人:三浦春馬
本郷恵:多部未華子
向井繁之(拓人の先輩):斎藤工
水島守(拓人の同級生):風間俊介
村山陽菜(恵の同級生):山本美月
澤田陸人(拓人の弟):野村周平
澤田佐和子(拓人の母):原田美枝子
澤田昭夫(拓人の父):小市慢太郎
本郷翔子(恵の母):浅田美代子
桑島すみれ(拓斗が家庭教師をしている小学生):浜辺美波

© 2020 三浦春馬ドラマ rss